スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ME001 マビノギ英雄伝。

話は数年前に遡る。

俺は友人と二人で北米版マビノギ英雄伝をやっていた。なぜ北米なのかというとその頃日本ではまだサービスが始まっていなかったからだ。本家は韓国なのだが、韓国のオンラインゲームをやるのはなにかと敷居が高い。まず、韓国では住民登録番号のようなものがあり、オンラインゲームのアカウント登録時にそれが必要となるのだ。なんとかそれをクリアできても次に言語の壁が立ちはだかる。そう、ハングル文字である。そこまでしてやる必要があるのか悩んだ挙句、少しサービスが遅れてはいるがちょっとした英語が出来ればなんとかなる北米でやろうということになった。もちろん北米版もすんなりとはいかない。いろいろゴニョゴニョしなければならない上に、課金も非常に面倒な手続きが必要になる。そんなこんなで数ヶ月遊んだけどMOといえばMHという感じだったがこれはこれでスタイリッシュ路線でありかなと思った。なにより斬ったときのエフェクトや感触がとてもいい。こういう細かなところにこだわっているゲームは好きだ。フィニッシュした時のエフェクトも新しく今見てもかっこいいなと思う。その場でSSを撮れるのも高評価。アクションだとどうしても決定的瞬間を逃しがちなので。北米で遊んでいたときにはキャラクターがまだリシタとフィオナしかおらず、エンドコンテンツまであっという間に到達し飽きてしまったが日本でのサービス開始がアナウンスされたときにはまたやりたいと思っていた。

そして2011年日本でのサービスが開始された。

当然のようにベータに応募し遊んでみたものの、なんかすぐ飽きてしまった。前にやっていたときのおさらいになっているからだろうか。結局レベルも20そこそこにして引退する。一緒に遊ぶ人もいなかったし、なにより別ゲーをやっている最中だったのも大きな原因かな。1年以上も放置していたがつい最近、FF14を一緒にやっていたフレンドがマビノギをやっていると聞いて、リアフレを誘って再開。

現在に至る。

真面目に育成を開始したのはベラ実装から。カムバックキャンペーンみたいなのがあって60装備一式を1ヶ月レンタルできたのも大きかった。元々カウンター系のキャラが好きなのでベラは気に入っていた。数日でレベル50まできたが、ある日髪型が気に入って遊びで作ったカロックで遊んでいたら、その面白さに気づいてしまった!俺はソード&シールドという組み合わせが一番好きで、次に格闘系が好きなのでいつしかブラスターカロックを目指すようになる。ギルドで誰も使っていなかったという理由もある。そして最強ではないという点も気に入っている。今レベルはすでに70目前で装備もそこそこなんだけど、ダメージが稼げないのが難点。俺の腕ももちろんあるし、装備もまだまだ。スキルレベルも上げなきゃいけない。最近すぐゲームは飽きてしまうことが多かったけど久しぶりにみんなで遊ぶと面白いゲームに出会えた気がする。当面は金策を頑張ろうと思う。
category
ME。
genre
オンラインゲーム
theme
マビノギ英雄伝

Comment

Trackback

http://eyeinthesky.blog85.fc2.com/tb.php/292-6e421207

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。